示談について

示談を行うにあたっては、その前に十分に検討する必要があります。
一度示談をしてしまうと、特別な事情がない限りやり直すことができないからです。

▼ 示談のタイミング

ケガが治った場合は、その治った時点で示談交渉に入ります。

ケガが治らず後遺症が残った場合は、一般的には後遺障害等級が確定した時点から示談交渉に入ることになります。

そして、示談に入る前に確認しておかなければならないことはたくさんあります。

例えば、示談にあたって提示される金額にしても、一般的に保険会社は、裁判所などで認められる金額よりはるかに低い金額を提示する場合がほとんどです。

ですから、一人で判断せず、まずは専門家に相談することをオススメします。

こばやし接骨院では、提携している「弁護士法人 心」様を通して、法律の専門家が賠償についてもサポートしております。また、交通事故後の対応も専門家と提携しているので安心してお任せください。

交通事故に遭われた時に、症状をしっかり改善する事ももちろん大切ですが、 保険会社との賠償の話し合いが重要になってきます。

保険会社は交通事故の知識・交渉のプロであるため、あなたが一人で悩みながら交渉するのには限界があります。

また、そのような状態では症状を改善させることに集中することもできません。

こばやし接骨院では、施術以外の部分でもあなたをサポートするために、専門家と提携しておりますので、安心して施術に専念して下さい。

【所在地】〒198-0083 東京都青梅市本町130-1 ダイヤパレスステーションプラザ102-2
【行き方】JR青梅線 青梅駅 徒歩30秒

メールでお問い合わせ