青梅交通事故治療ラボ HOME > 交通事故専門ブログ 事故に遭っても損しないための交通事故マメ知識 > 青梅市のこばやし接骨院発!~治療期間ってどうやって決めているの?~

交通事故専門ブログ 事故に遭っても損しないための交通事故マメ知識

▼ 青梅市のこばやし接骨院発!~治療期間ってどうやって決めているの?~

以前お話しさせていただいた内容と被るところもありますが、交通事故治療の治療期間は、症状によってある程度決められています。

打撲→1ヶ月

捻挫→3ヶ月


骨折→6ヶ月


これが目安になることが多いようです。


ただ、それだけではなく以下の事も考慮の対象となります。


受傷原因(事故のシチュエーション)車の破損具合レントゲン検査・MRIでの結果(画像診断がない場合、撮る必要も無かった軽傷と判断されることもあります)


などを総合的にみて、治療期間がある程度定められています。


仮にAさんとBさんが同じ部位・同じ症状を訴えている場合でも、事故状況や画像診断の検査結果が違えば、治療期間も変わってきます。


しかしながら、事故状況と症状は必ずしもイコールではありません。


軽微な事故でも、強い痛みが出てしまうことも少なくはありません。


「痛みが改善していないのに、もう治療打ち切りなの?」

そのようなご経験がある方がいらっしゃいましたら、前記の事で判断されていたのかもしれません。


ですが上記の目安はあくまで目安であり、絶対ではありません。


治療の必要性・正当性が認められれば、治療期間が延長される場合がありますので、痛みが改善してないのであれば、そのまま治療を終わりにせず、交渉をしてみましょう。


何か分からないことがあれば、当院スタッフまでご相談くださいね(^^)

【所在地】〒198-0083 東京都青梅市本町130-1 ダイヤパレスステーションプラザ102-2
【行き方】JR青梅線 青梅駅 徒歩30秒

メールでお問い合わせ