青梅交通事故治療ラボ HOME > 交通事故専門ブログ 事故に遭っても損しないための交通事故マメ知識 > 青梅市のこばやし接骨院発!~人身事故扱いにしたほうがいい場合~

交通事故専門ブログ 事故に遭っても損しないための交通事故マメ知識

▼ 青梅市のこばやし接骨院発!~人身事故扱いにしたほうがいい場合~

今回は、
前回の「人身事故と物損事故」の違いの続きで、物損事故扱いで自賠責保険の使用も認められたけど、人身事故扱いにしたほうがいいケースをお伝えしようと思います。


物損事故扱いから人身事故扱いにすると加害者には「民事上」「刑事上」「行政上」の三つの責任が問われます。


民事上・・・被害者への損害賠償や慰謝料等の負担


刑事上・・・懲役、禁固、罰金等


行政上・・・道路交通法による免許の停止や取り消し処分等


よくあるケースとして、加害者がとても親切丁寧な方で、人身事故扱いにして罰則が出るのは申し訳ないから、物損事故にしてしまうということが挙げられます。


物損事故扱いになったとしても、保険会社から治療の許可が下りればとくに問題はありませんが、場合によっては損をしてしまうこともあります。


それは、治療が長引いた時や後遺症が残ってしまった場合です!


物損事故扱いの場合、事故による怪我も比較的軽微なものと見られてしまうため、症状が残っていたとしても、ある程度の期間で治療を打ち切られてしまうことがあります。


またしっかり治療をしたが、あるところを境に症状に変化が見られなくなる(症状固定)場合は、後遺障害等級認定の申請を行います。


その際に物損事故扱いだと、書類上不利になることがあるため注意が必要です!!


自分の体の状態と事故状況をしっかりと把握し、後遺症が残る可能性があるような場合には周りに流されず、人身事故扱いにすることをおすすめいたします。


また、何かご不明な点があれば、先ずは当院スタッフまでご相談くださいね(^^)!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
《青梅駅徒歩30秒の交通事故によるむちうち・怪我に強い接骨院》
こばやし接骨院
東京都青梅市本町130-1 ダイヤパレスステーションプラザ102-2
0428-24-5608
【公式ホームページ】
【交通事故専門サイト】
【YouTube公式チャンネル】
【公式Facebookページ】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【所在地】〒198-0083 東京都青梅市本町130-1 ダイヤパレスステーションプラザ102-2
【行き方】JR青梅線 青梅駅 徒歩30秒

メールでお問い合わせ